ホーム/ガイド/初心者向けガイド/先物取引/コピートレードのメリットとリスク

コピートレードのメリットとリスク

2023.09.21 MEXC
共有
MEXCの先物取引プラットフォームでは、USDT-MとCoin-M無期限先物の取引以外に、コピートレードに参加することもできます。 コピートレードとは、20世紀半ばから後半にかけて登場した取引方法であり、いまだにその人気は衰えていません。暗号資産市場においてコピートレードは新規トレーダーにとって非常に魅力的であり、プロのトレーダーにとっても大きなメリットがあります。本ガイドでは、コピートレードの原理、メリット、リスクについて説明します。

コピートレードの原理


コピートレードとは、他のトレーダーの取引、ならびに取引に関するすべての戦略を模倣し、再現することを指します。 先物契約取引プラットフォームのような伝統的な金融分野では、コピートレードは完全に手動で実行され、フォローしたトレーダーと同じ取引を手動で行う必要があります。 しかし、暗号資産市場、特にMEXCコピートレードプラットフォームのような現代のコピートレードサービスのプロバイダーにおいて、このプロセスは完全に自動化されています。 そのため、どのトレーダー(または複数のトレーダー)をフォローしたいかを選択し、アカウント資金の何パーセントかをそのトレーダーに割り当てるだけでコピートレードは完結します。 その後、コピートレードは自動的に処理されます。

コピートレードのメリット


コピートレードは、トレーダーとフォロワーの双方に大きなメリットがあります。コピートレードを利用した場合、フォロワーは他の投資活動に時間を割くことができ、また他の経験豊富なトレーダーから学んだり恩恵を受けたりすることができます。トレーダーはより多くの自己資金を操作することができ、収益獲得のパフォーマンスを向上させることができます。たとえば、MEXCer様には、以下のようなメリットをいくつかご提示いたします。

フォロワーであることのメリットとは?


1. アクセシビリティ


コピートレードは新規トレーダーのトレードスキルの障壁を低くする
無期限先物取引に慣れていない、あるいは、注文プロセスや取引方法に関する予備知識がないMEXCer様にとっても使いやすく、新規トレーダーに適しています。

2. より高度なトレードスキルを獲得


コピートレードを通じて、熟練したトレーダーを観察することで学ぶ機会を提供します。これらのプロトレーダーの取引記録は、フォロワーの取引スキルを向上させるための知識ベースとなります。コピートレードでは、これらのプロの戦略の分析・検討を通じて優れた学習の機会を提供します。

3. 多様化された投資ポートフォリオ


コピートレードから得られる利益は、投資収益の範囲内では受動的な収入(パッシブ・インカム)のカテゴリーに含まれます。パッシブ・インカムに投資商品を組み入れることで、投資ポートフォリオは多様化します。新規トレーダーにとって、パッシブ・インカムはアクティブ・インカムに伴うリスクの軽減に役立ちます。 この点はミューチュアル・ファンドへの投資と似ています。収益は保証されていないものの、ある程度リスクを軽減することができる投資信託に似ています。

4. より自由な時間


コピートレードは完全に自動化されているため、他の用事があるときでも取引に参加することができます。 空いた時間を市場について更に学ぶ時間として、あるいは、趣味や社会生活にあてることもできます。その結果、長時間の市場監視や取引機会を逃す不安によって引き起こされる疲労やネガティブな感情を完全に回避することができます。

5. 取引から感情を切り離す


トレーダーが自己資金を使ってリスクの高い投資を行う場合、大きな利益や元本の損失が発生した場合に、極端な感情が理性的な取引行動を乱すことがあります。このような感情は、最適とは言えない取引判断につながります。コピートレードは、手動による取引選択に感情が影響しないようにすることで、この問題を効果的に回避することができます。

トレーダーであることのメリットとは?


1. 取引資金が増えれば利益も増える


先物取引で高い実績を持つトレーダーは、多くの資金を集める可能性があります。これにより、収益も大幅に増加する可能性があります。

2. 利益分配システム


コピートレードは利益を保証するものではないことに注意することが重要です。しかし、コピートレードは損益がプラスになった場合にのみ発生する利益分配メカニズムを提供しています。この利益分配システムは、ある程度トレーダーの取引へのプレッシャーを軽減します。投資信託などのような伝統的な金融商品とは異なり、コピートレードには「最低収益率」や「超過収益」の利益分配という概念が存在しません。

コピートレードのリスク


フォロワーにとってのリスクとは?


1. コントロール力の低下


コピートレードでは、プラットフォームでリスクパラメーターを設定し、実行する取引を選択できるものの、取引の意思決定をする自由がないため、取引のコントロールができない状況にあります。

2. 学習効果の限界


経験豊富なトレーダーから学ぶことはできますが、学べる範囲は限られています。 市場を十分に理解していない限り、フォローしているトレーダーがなぜそうするのか、また彼らの取引がなぜ成功や失敗するのかを理解することは難しいかもしれません。 取引を学ぶ上で、自分自身の経験が一番重要ですが、コピートレードではこの経験を得ることができません。

3. 市場リスク


市場は常に予測不可能です。昨日利益を得たトレーダーが、明日は損失を被るかもしれません。したがって、過去の実績が将来の結果を保証するものではないことを忘れないことが重要です。

4. 流動性リスク


時にあなたの取引は、コピーした取引と同じ価格で約定しない、あるいは全く約定しない場合があります。 このような不一致は、取引を実行する前に、例えばスリッページのように元の取引とコピートレードの間の市場状況の変化により遅れが生じたことが原因である可能性があります。資産に対して買い手がいなければ売ることができず、逆に売り手がいなければ買うことができません。たとえば希少な取引ペアの無期限先物など、流動性の低い資産を取引する場合、このようなリスクにさらされます。これを避けるには、主流の市場に参加しているトレーダーをフォローすることをおすすめします。

5. システミックリスク


システミックリスクとは、地政学的な出来事やその他の予測困難な珍しい出来事など、市場に影響を与える可能性のあるリスクのことです。

トレーダーにとってのリスクとは?


フォロワーと同様で、トレーダーは「市場リスク」、「流動性リスク」、「システミックリスク」にさらされています。更にトレーダーは以下のリスクも考慮しなければなりません。

構造上のリスク


MEXCの先物取引プラットフォームのアップグレードに伴い、先物取引の機能は常に更新・改善され、同時に、より多くの先物取引ペアが登場しています。 このような外部変化によって、トレーダーは継続的な学習と実践を求められています。 このコストはトレーダー自身が負担しなければなりません。 従って、MEXCトレーダーとして活躍するためには、常にスキルを磨き、継続的な学習を通じて成長する必要があります。 少し気を抜くと、市場に淘汰されてしまうかもしれません。

MEXCコピートレーダーになるには、特定の要件を満たす必要があることに注意してください。MEXCにユーザーとして新規登録し、KYC認証の審査に通らなければなりません。さらに、MEXCは取引高の要件を課すことがあります。

結論


コピートレードは、最も簡単に取引に参加できる方法です。 新規トレーダーは、他の経験豊富なトレーダーの戦略をコピーするだけで参加可能です。事前に予備知識を身につけることなく、プロトレーダーから学ぶことで市場に参加できるため、新規トレーダーにとって非常にメリットが大きいです。 しかし、他の戦略と同様に、コピートレードには欠点とリスクが伴います。 本質的には、自分の財務管理を会ったこともない人に委ねることになります。さらに、他人の取引をただ見ているだけに限定してしまうと、実践的な経験を逃してしまい、限られた知識しか得られないかもしれません。 最後に、長期的に取引することを念頭においている場合、コピートレードは始まりに過ぎません。 市場知識を身につけ、必要資金を築いたら、自分自身の取引に踏み出すことをおすすめします。

リスクに関する警告:取引にはリスクが伴います。お取り引きの際は慎重に行っていただきますようお願いいたします。 本コンテンツは投資に関する助言を提供するものではありません。 ご自身の投資目的、財務状況、リスク許容度に基づき、投資判断を行ってください。


初心者向け特典

新規登録後、簡単に新規ユーザー特典が受け取れます。最大1000 USDTの先物ボーナスがあなたを待っています。